七五三のお参りの初穂料ってなに?

質問:初穂料(はつほりょう)ってなに?

答え:初穂とは昔でいう神様にお供えするその年で一番最初にとれた農作物のことで、
今では初穂の代わりに神社に謝礼として支払う金銭のことを指します。
神社によっては玉串料(たまくしりょう)という呼び方をするところもあります。

初穂料の金額の相場は5000円〜10000円くらいが相場です。
神社によっては金額をしっかり決めているところもあるそうなので事前に確認しておくと
良いかもしれません。

初穂料を渡すタイミングは社務所でのお参りの受け付けの時に渡します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ