着物を着た時のアクセサリーのルールはあるの?

質問:着物を着た時にアクセサリーってどこまでつけて良いの?

着物をきた時のアクセサリーってなるべくしない方が良いというイメージがありますよね。
着物を日常的に着ていた時代には髪を結い、かんざしや櫛はつけたりするものの、それ以外の装飾品をつけることはなかったそうです。
このイメージが今も残っているわけですが、特別な日に着るものですから着物だけでも
十分華やかですがより一層キレイに着飾りたいと女性なら誰でも思う気持ちがあると思います。
時計やネックレスはなるべくしない方がベターです。その方が手首や襟元がキレイに見えます。
ピアスやイヤリングは基本的にはつけない方が多いですが、つけてはダメというわけではありません。もしつけるのであれば、ゆらゆら揺れるものではなく耳にくっつくような小さめのものをつける方が多いです。
指輪などは、皆様通常通りつけています。
ただし、お着物をファッションとして考えると時計などつけてもお着物に合えばもちろんOKです!
例えば、お着物にハイヒールを履いてもファッションとしてみればステキですよね。
このように、お着物を着た時につけるアクセサリーは用途や考え方によって変わってくるのすね!

☆店舗情報リンク集☆

詳しい情報満載
イナバ富士写真館のホームページはこちら

マタニティ衣装など掲載!
マタニティフォト専門のサイトはこちら

スタジオ写真やイベント情報掲載中
イナバ富士写真館Facebookページはこちら

お店の今がわかる
イナバ富士写真館Twitterはこちら

お店の衣装など楽しい写真がいっぱい
イナバ富士写真館Instagramはこちら

お得な情報
イナバ富士写真館LINEはこちら

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ