着物の保管(虫干し)

質問:家にある着物を干そうかと思うのですが、時期ってあるんですか?

答え:はい。時期があります。
そこで今日は着物の干し方(虫干し)についてです。
着物の最大の敵といったらカビです。湿気を吸うと着物はいたみやすくなり、カビもでやすくなります。
着物の虫干しは季節ごとに呼び名があります。
☆7〜8月を土用干し
☆10〜11月を秋干し
☆1〜2月を寒干し
梅雨の湿気をとる夏、空気が乾燥している秋、そして最も乾燥する冬に昔は虫干し
していたそうです。

虫干しをする日は2、3日晴天が続いた日で、時間は午前10時〜午後3時ぐらいまでの間に室内の風通しの良い場所で着物用のハンガーなどにかけて風を通します。
ぜひやってみて下さいね。

御殿場や小山町などでは梅雨時期の湿気がすごいですよね。大切な着物を長くキレイなまま着るためにも虫干しはとても大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ